せっけんノートfb
i9
『いいね!』で応援してね♪



お知らせ
海外からのスパムコメントが多くなったので、コメント入力時に画像認証を入れました。
お手数をおかけして、ゴメンナサイ

ハンドメイドコスメ

October 01, 2014

バイカラーのリップクリーム

湯川先生のカラーズクリエイト講座では、レッドの実習で赤いリップクリームを、ブルーでは青いビューティオイルを作りました。

このオイルが、色は綺麗だし香りも良くてたまんな〜い。
そこで、このオイルを使って、またリップクリームを(^_^;)
いいの、家に置いておくのと、お出かけ用だから。


IMG_2494
暇だったので、ちょっと遊んだ
どこかの歯磨き粉に負けず、最後までこの模様♪


香りはベルガモット(FCF)を少し足して、いい感じ。


今日は、道具もちょっと工夫。


IMG_2492
ハート型のシリコン製おかずカップ


これ、レンジを使ったリップ作りに、ぴったりの優れものです。
軽いから、材料を計るとき誤差が出にくいし、そのままレンジでチンでして、注ぐときにはハートのとんがったところが、注ぎ口になるの。

--------------------------------------------
せっかくなので作り方も書いておきますね。

,泙此△佞弔Δ貿鬚ぅ螢奪廛リームを作る
▲螢奪徑憧錣慮の直径に細い糸をかけて、ピンと張ったまま、クリームを繰り出す。クルクル回しても出ないようになるまで回して全部出す。無理に引っ張ってまでは出さない。
A管出たら、糸を抜きクリームをもとの位置に戻す。
ずE戮廊△農擇辰織薀ぅ鵑紡个靴峠住になるように糸をセットして、同様に繰り出す
チ管出たら、糸をピンと張って口にそわしたまま、中心を軸にして90度回す。(これでクリームの2か所が切り取れます)
切り取った部分を、爪楊枝で刺してはずす。糸を抜いたら、クリームをもとの位置にもどす。
ЛΔ任呂困靴織リームを溶かして色をつけ(必要ならミツロウを追加)、容器の空いた2か所に流し込む。
冷蔵庫で冷やしてできあがり。

クリームは、もりっと盛り上ったくらいに作って、冷やしたあとで余分をカットすると、最初から模様が綺麗に出ます。
後で流し込むクリームは、先に固まっている部分としっかり着くように、気持ち熱めで流し込むといいです。


このエントリーをはてなブックマークに追加
ecru1 at 00:09|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

September 25, 2014

カラーズクリエイト in 関西 

---------------------------------------------------------
<カラーズクリエイト講座に関してのお知らせ>

24日のカラーズクリエイト講座の内容の二次利用について、お問い合わせがありました。
参加してくださったみなさまに知っておいていただきたいことですので、こちらにも掲載させていただきます。

講座の内容に関しては、内容、レシピともに転載や二次利用ならびに商用利用はお断りしています。

習ったことを自分のコスメ作りに取り入れたり、習ったレシピで自分のコスメを作るのは、もちろん大歓迎ですが、それらを教室等で教えるのは、二次利用にあたりますので、ご注意願います。

9/25/2014 22時追記
---------------------------------------------------------

昨日、9/24は、「Phytolife Design Studio NoANoA」の湯川智恵美先生をお迎えして『カラーズクリエイト in 関西』前半、第1〜3回でした。


長島司先生のLLi講座で久しぶりに再会したソーパーさんと、『ゆかわせんせいのあの講座、受けたいよねー でも、東京はちょっと遠いよねー』と話していたのが、今年の春。そこから話はトントン拍子に進み、たくさんの方々の力をお借りして実現しました。

参加してくださったみなさま、ご協力いただいたみなさま、そして、湯川先生、ありがとうございました。本来なら個別にお礼に回らなきゃいけないところですが、ここで失礼させてくださいね。
そして来月の後半戦(?)も、よろしくお願いいたします。
  
  
P1010175
3回分が一挙に並ぶのは初めてかも♪



in関西の来月分は満席で、キャンセル待ちの受け付けも終了しましたが、両国の先生のスタジオでは年内にもう1期(全6回)開催の予定があるそうです。
ほかにも、ハーブに関係した素敵な講座がたくさんあるので、興味のあるかたは先生のフェイスブックページをチェックしてください。

■Phytolife Design Studio NoANoA FBページ
https://www.facebook.com/pds.noanoa



さぁ、今日はまたいつもの日常、普通のS活だ〜(笑)

このエントリーをはてなブックマークに追加
ecru1 at 10:40|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

May 06, 2014

ハンガリーウォーター

とびっきりいい香りのドライハーブが届いたので、さっそくハンガリーウォーター的なチンキを仕込み中。


IMG_2113


レシピ(覚え書き)
ローズマリー(生):10センチくらいの10本くらい
ローズマリー(ドライ):5g
ペパーミント(ドライ):10g
ローズダマスク(ドライ):7g
レモンバーベナ(生):小っちゃい葉っぱ10枚くらい
レモンバーベナ(ドライパウダー):大さじ1
ラベンダー(ドライ):5g
ホワイトリカー:500ccくらい

生のハーブを使っているので、ホワイトリカー多めです。


IMG_2118
ホワイトリカーを入れたら、ぐちゃぐちゃになっちゃうので、
画像は入れる前のだけ(笑)



すでにうっとりな香りで、ひと月後のできあがりが楽しみです。


このエントリーをはてなブックマークに追加
ecru1 at 12:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

November 22, 2013

solid perfume

とってもいい香りのオイルができたので、持ち歩きやすいように固めました。


IMG_1777
この容器、かわいいけど、溶けたら中身が漏れそうなので
寒い季節向きです


石けんにすると、なくなってしまうような香りは、香油や練香で楽しみます。
たとえば、トンカビーンズの精油の、桜餅のような香り。大好きなんだけど、CP石けんに入れるとアルカリに負けて香りがなくなっちゃうのよね。

これは、オレンジ精油、トンカビーンズ精油と、バニラの浸出油を使いました。

バニラ、カレンデュラ、バーベナなどは、浸出油やアルコールチンキが便利♪

他にも入れたような気がするんだけど、ずっと前に作ってあった香油なので、すっかり忘れてしまいました。オレンジじゃなくて、ベルガモットだったかも。。。 
ま、いっか、自分用だし。


このエントリーをはてなブックマークに追加
ecru1 at 00:46|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

March 26, 2013

キウイを使って

生協のキウイが届きました。
蒸留水を作るつもりで頼んでいたのですけど、それだけではもったいない。

蒸留水を作って残った果肉で、ジャムを作ろうか?

けど、めんどくさい(^_^;)

ほんじゃあ、両方まとめて作ってやろうじゃないですか!
そういや、ジャムを作るとき、いつも思っていたのです。
「この蒸気、もったいねー」と。
あの蒸気を集めりゃ、一石二鳥なはず。


まずは、小鍋でお湯を沸かして、
焼酎を入れたグラスに注ぎ、


IMG_1538
飲みます(笑)


じょ、じょーだんです。(飲んだのは、ほんとだけど。。。)
保存容器の瓶を、小鍋で煮沸消毒して準備完了。

適当に切ったキウイを鍋に入れ、砂糖を混ぜます。
(ジャムのレシピだと、キウイの重さの30%が、砂糖の標準量のようです)


IMG_1539
お察しの通り、目分量。。。


砂糖が全体にいきわたるように混ぜたら、蒸し器を載せ、その蒸し器の中に小鉢を入れます。


IMG_1545
この小鉢に蒸留水が溜まるよ


その上に浅くて大きめのボウルでふたをして、


IMG_1547
中の小鉢につっかえないようにね


鍋のふたをひっくり返して使ってもいいんですが、ボウルの方が好きです。保冷剤と一緒に、水も入れられるので。

あとは、焦げないよう弱火でにコトコト煮ます。
砂糖が入ってる分、焦げやすいはずです。
たまに下の鍋を覗いて、いつもより早めに終了しましょう。
(蒸留水を作るときは、ほんとは、覗いちゃダメなんだよね、大切な蒸気が逃げちゃうから)


IMG_1549
でけた!!!


小ぶりのキウイ4個から、蒸留水が約50ccとジャムが200ccのタッパー1個分くらいできました。

鍋にはキウイと砂糖しか入れてないので、この蒸留水は、100%キウイの中にいた水分なんだよなあ。
とっても不思議な気分。

ジャムのほうは、キウイが硬めだったので煮崩れしなくて、ジャムっつーより『キウイの甘煮』みたいになってます。
これ入れてパウンドケーキ焼いたら、美味しいかも♪

このエントリーをはてなブックマークに追加
ecru1 at 23:03|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

March 14, 2013

ミニサイズのハンドミキサー

このあいだホイップバターを作るのに、ちいさな泡だて器を使ったのですが、とて〜も手が疲れて。。。
(普通サイズのハンドミキサーを使うほどの分量じゃないし)

そんでもって調べてみたら、マンディムーンにありました。
ミニサイズのハンドミキサー♪
これ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

ハンドミキサー
【手作りコスメのお供に】【電池2本付き】【選べる4カラー】ハンドミキサー
価格 200円 (税込 210 円) 送料別



で、届いた。

P1000096
緑とピンクを大人買い
送料 390円


まあHPの画像どおり、キャンディカラーでかわいいです。

そして。。。

P1000097
レビューに書いてあったとおりのダイソー商品(笑)


先に知ってたから、ダイソー商品でもショックはないわ。
最寄りのダイソーに行くのに、バス代400円かかるしな。。。

回してみたら、普通にクルクルと回転しました。
スピードは速くはないけど、ホイップバターを作るのには便利そう。

スイッチが甘めで、どこかに突っ込んでおいたら勝手に回りだしそうです。電池を外しておくのが面倒なら、元のパッケージに入れて保管したほうが無難ですね。

P1000099
ビーターは、はずして洗えるよ


付いてくる電池も100均のだったらイヤだなぁと思ってたのですが、アスクルのアルカリ電池でした。

正直、梱包して発送の手間かけて楽天に手数料払って、これで儲かるのだろうか? と余計な心配。
もちろん、近くにダイソーがあれば、そこで買うのがベストかと。
さあ、次からはこれで作ろー♪



このエントリーをはてなブックマークに追加
ecru1 at 01:43|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

March 08, 2013

Whipped Body Butter


The Natural Beauty Workshopに載っていたWhipped Body Butterを作ってみた。

P1000084
ロクシタンの空き缶
もうボッコボコだけど、可愛いので捨てられない


油をいくらホイップしても、泡はすぐに消えます。
それでも固まりそうになっているのを無理やりホイップして、ふんわりと空気を含ませて、容器に入れたら冷蔵庫へ。

「まあ、とにかく、ベーシックレシピで作ってみんしゃい」と書いてあった(と思うんだけどな。。。)ので、ほぼその通りにしました。
肌に乗せると、とろ〜んと溶けて、おもしろい。でも、これからの季節だと、パウダーを入れて、もう少し軽い使い心地にしたほうがいいかもね。


このエントリーをはてなブックマークに追加
ecru1 at 01:20|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

January 16, 2013

手作り(と言っていいのか?)化粧水


今日は夕食後にサクっと化粧水作り。


IMG_1472
*本日のレシピ*
ネロリの蒸留水
アミノ酸エッセンス
エキス(カキョク、ユキノシタ、オタネニンジン)


自分で抽出してるエキス以外は、メーカーのパッケージものを使うことが多くなって、イマイチ手作り感に欠ける今日このごろ。。。

IMG_1475
最近のお気に入り素材♪



いや、でも、これでも手作りだ! きっと、たぶん (^_-)

このエントリーをはてなブックマークに追加
ecru1 at 21:28|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

October 15, 2012

バスボムとクエン酸  THE FINAL 新たなる気泡

これまでの記事
バスボムとクエン酸
続・バスボムとクエン酸

では、割ってみましょう。

IMG_1327

左から無水(水なし)、無水(水あり)、結晶(水なし)、結晶(水あり)
左から右に行くにつれて、スカスカ度が上がってます。


どれも中までカッチカチで、切るのに苦労しました。
もろいと思ってたんだけど、ドライバーを刺してカンカン叩いてもびくともせず、ニッパーでやっと割れた。

お湯に放り込んだら、やっぱり一番右のは、泡の出が悪かったです。
沈まずに浮いちゃってたし。。。

実験は、ここまでです。
続けて読んでくださったみなさま、お付き合いくださって、ありがとうございます。

で、水分を操るのに便利なコツをひとつ。

今回の実験でもやってますが、水には色を付けておくと便利です。
色水を使えば、水分が全体にまんべんなく混ざっているかどうかが、色で判断できます。
(水溶性のD&Cカララントでもいいし、コーヒーとかジュースでもいいから、酸性でもアルカリ性でも安全で肌に使ってOKな材料で着色してね)





このエントリーをはてなブックマークに追加
ecru1 at 00:58|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

October 12, 2012

バスボムとクエン酸

バスボムを作るときのクエン酸の種類と膨れ方について、実験してみました。

販売されているクエン酸には、結晶のものと無水のものがあります。
結晶は、その中に水を抱え込んでいるので、そこから水を取り除いたものが無水です。

見た目はさらさらのクエン酸も、結晶タイプなら9%程度の水を含んでいるのです。

そこで実験

IMG_1317

上段…無水、下段…結晶
左から水あり、水なし、クエン酸のみ


左の『水あり』は、いつも通り重曹に少量の水を加えてよく混ぜたもの(小さじ2)にクエン酸(小さじ1)を加えて、型に入れてギュ~っと押し込んでます。
(水に色をつけています)

中央の『水なし』は、水を入れずに重曹(小さじ2)にクエン酸(小さじ1)を加えて、あとは同じように型に入れてギュ~っと押し込んでます。

右の『クエン酸のみ』は、クエン酸小さじ1。
クエン酸は潮解性(*1)があるっていうから、クエン酸単体でどれくらい湿気を引き付けるのか見たかった。

--------------------------------------------------
*1 潮解(ちょうかい)は物質が空気中の水(水蒸気)をとりこんで自発的に水溶液となる現象のこと。 <「フリー百科事典ウィキペディア」より>
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%BD%AE%E8%A7%A3
--------------------------------------------------


では、観察開始!

IMG_1319

型はIKEAのアイスキューブ用


1時間後、左が無水、右が結晶
IMG_1321
ムクムク



さらに1時間後
IMG_1323
炭酸ガス発生中


結晶(水あり)は、もう爆発ですね。
水なしの2つも表面に細かい水滴ができて膨れ始めています。
クエン酸のみは、無水と結晶で特に差はなく、表面に水なしと同様の水滴が見られます。

で、ここで就寝

朝、起きたらどうなってたか? お楽しみに

〜つづく〜

このエントリーをはてなブックマークに追加
ecru1 at 12:04|PermalinkComments(0)TrackBack(0)